CHRONOMAD-クロノマド-【ネットノマド生活を目指すブログ】

ガジェット情報を中心に、アクセスアップ(SEO)情報や大好きなサッカー情報など幅広く発信。役立つスキルや知識の学びを提供し、いつかネットノマドを目指すブログです。まずは、月30万の収益を目指します。

佐々木くんが投げなかったと大船渡高校へ苦情を入れる民度の低さにあきれる

スポンサーリンク


f:id:chrono0520:20190726172942j:image

今日のニュースはこれ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00000092-dal-base

 

大船渡高校の佐々木くんが県大会決勝で投げなかったことについて、多くの苦情が寄せられているようです。

 

この行為には、違和感しか感じません。

だって

高校野球

ですよ。

お金をもらってプレイしているプロ野球ではありません。

 

佐々木くんは4回戦で194球投げました。

プロ野球だとありえない球数ですよね。

おそらくですが、肩の消耗が激しかったと監督さんが判断したのでしょう。

え?準決勝も投げなかったから大丈夫じゃないかって?

4回戦が行われたのは7月21日、決勝は7月25日。

中四日しかありません。

wikipedia からの転用ですが

一定以上のレベルの投手は、先発時の投球による負荷によって肘周辺を中心に毛細血管が切れる。これが再生するには4日以上かかるとされるため

と書かれています。

今回は194球とプロが投げる倍の数を投げているし、高校野球の異常な過密日程から察しても4日では少ないでしょう。

 

佐々木くんは将来、野球界の宝になる可能性がある選手です。ここで潰れてはならないと監督さんが判断したのでしょう。

もし、接戦ならば佐々木くんの出番はあったのかもしれませんが、大差がついた試合に無理矢理出す必要はありません。

たしかに、佐々木くんにとっては辛い結果となったと思いますが、未来を考えるとよい決断してくれたと監督さんにお礼を言いたいくらいです。

 

ということで、佐々木くんが出ないことに対して、クレームを入れることは間違っています。

 

もしかしたら、学校の業務を妨害しているわけなので、逮捕してもよいかもしれません。

 

もし、クレームを入れようと考えている方がこの記事を読んでいただけたら今一度、考えてください。

 

  1. 相手は高校生、プロじゃない
  2. 佐々木くんの肩が壊れても良かったのか
  3. 高校はあなたのためにあるのではない

ということを。