CHRONOMAD-クロノマド-【ネットノマド生活を目指すブログ】

大好きなサッカー、仕事のゲーム関連の記事を中心に、ブログカスタマイズの記事、その他雑記など幅広く発信。役立つスキルや知識の学びを提供し、いつかネットノマドを目指すブログです。まずは、月30万の収益を目指します。

おすすめ記事5選



サッカー|30代男子が選んだ日本が誇る歴代ディフェンスリーダー10選【現役の代表選手からかつての闘将、バンディエラまで】

にほんブログ村 サッカーブログへ

サッカー|30代男子が選んだ日本が誇る歴代ディフェンスリーダー10選【代表選手から闘将、バンディエラまで】

 

サッカーの中でセンターバックは守るだけでなく、チームを後方からの指示で支えるリーダーの気質が必要なポジションです。そこで今回は30代男子の私が思い出に残っている日本の歴代ディフェンスリーダーを10人選びました。

 

サッカー|30代男子が選んだ日本が誇る歴代ディフェンスリーダー10選【代表選手から闘将、バンディエラまで】

 

1.吉田 麻也(よしだ まや)

吉田 麻也 日本代表 ST+ パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 02 pfl06-136

一人目で紹介するのは、現役の日本代表キャプテンであり、ディフェンスリーダー「吉田麻也」選手です。

 

日本人で初めてプレミアリーグで通用したセンターバックと言われ、対人能力はもちろんのこと、ビルドアップもうまく、フィード精度も高くとても万能なセンスを持っています。

 

吉田選手は長身の割に足も速く、プレミアではサイドバックでもプレイすることもありました。

 


【サッカー】パスも上手い現代型CB!まだまだ存在が大きい期待の日本の名DF!【吉田麻也】Maya Yoshida Defence Skills & Assists

 

 

2.中澤 佑二(なかざわ ゆうじ)

中澤佑二 日本代表 直筆サインカード②

ボンバーヘッドと言われ、対人能力が非常に高く、またディフェンスながら抜群の決定力も誇った「中澤佑二」選手。

 

2010年のワールドカップでは田中マルクス闘莉王選手とともに鉄壁のディフェンス力でチームをベスト16へ導きました。

 

中澤選手は若い頃にブラジルへ武者修行へ行き、日本へは逆輸入選手という形で注目を浴びながら、長く日本の最後列を支えてきた偉大なセンターバックです。

 

横浜F・マリノスではJリーグ2連覇など、20年間所属し、チームのバンディエラとして引退するまで長く活躍しました。

 


samurai Tun presents Yuji Nakazawa Diary 1

 

下手くそ

下手くそ

  • 作者:中澤 佑二
  • 発売日: 2014/04/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
中澤佑二物語 (ヤンマガKCスペシャル)

中澤佑二物語 (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者:塀内 夏子
  • 発売日: 2009/06/05
  • メディア: コミック
 

 

 

3.宮本 恒靖(みやもと つねやす)

2004カルビーサッカー日本代表【11宮本恒靖】レギュラーカード

 

日本サッカー界が誇る知将「宮本恒靖」選手。

2002年の日韓ワールドカップではフラット3と呼ばれる、最後列の3バックを水平に配置する難しいシステムで一番の肝となる中央を守り、日本初のグループリーグ突破を決めました。

 


【サッカー】情熱大陸 宮本恒靖 2006 07 16

 

宮本恒靖 学ぶ人

宮本恒靖 学ぶ人

  • 作者:佐藤 俊
  • 発売日: 2012/07/13
  • メディア: 単行本
 

 

4.井原 正巳(いはら まさみ)

1998カルビーJリーグチップス■レギュラーカード■004/井原正巳/横浜M

アジアの壁と呼ばれ、日本初のワールドカップ出場を決め、98年フランスワールドカップをキャプテンとして臨んだ「井原正巳」選手。

 

日本の4番と言えば、井原選手のイメージが一番強いのではないでしょうか。

 

日本人で二人目のアジア最優秀選手に選ばれるほど存在感がある選手でした。

 


井原正巳 The Great Defender

 

 

5.中田 浩二(なかた こうじ)

Calbee カルビー サッカーカード JAPAN NATIONAL TEAM CARD 2005 中田浩二 

 

日本だけでなく、海外でも活躍した複数ポジションもこなせるマルチな才能もあるディフェンダー「中田浩二」選手です。

 

宮本選手と松田選手と共に日韓ワールドカップで最終ラインを支えました。

 

その後、フランスの強豪マルセイユでサイドバック、スイスの強豪バーゼルでセンターバックで活躍した海外で活躍したディフェンダーの先駆者でもあります。

 


「中田浩二の引退の決め手は?」-ANTLERS REPORT SPECIAL 中田浩二・柳沢敦・新井場徹 特別対談-

 

 

6.柱谷 哲二(はしらたに てつじ)

カルビー 1993 サッカーカード 柱谷哲二 327

Jリーグ創生期、チームのほとんどが日本代表という「最強」読売クラブからヴェルディ川崎の中心として活躍し、ドーハの悲劇の際の涙が印象的な「柱谷哲二」選手。

 

三浦カズ選手やラモス瑠偉選手、武田修宏選手など個性の強い選手たちが揃うヴェルディをまとめたディフェンスリーダーです。

 

日本代表ではボランチもこなすマルチな才能も持った選手でした。

 


【サッカー】カズ・ラモス・ゴン中山・柱谷 ドーハの悲劇を残した男たち

 

 

7.冨安 健洋(とみやす たけひろ)

2019 日本代表 レギュラーカード冨安健洋(サインカード無し)

現役日本代表!期待の若手ディフェンダーであり、東京オリンピックのディフェンスリーダー「冨安健洋」選手。

 

19歳でベルギーリーグに挑戦し、現在はカテナチオと呼ばれる守備的サッカーの本場イタリアのセリエAボローニャでサイドバックのスタメンを勝ち取っています。

 

まだ21歳の伸び盛りで、これからビッグクラブ初の日本人ディフェンダーの誕生も期待できる逸材です。

 


新アジアの壁!冨安健洋 いざセリエAへ Takehiro TOMIYASU【New Asia No KABE】

 

 

8.田中マルクス闘莉王(たなかまるくすとぅーりお)

パニーニJリーグエディション第2弾/PFL-J02-140/名古屋グランパス/SUPER/田中マルクス闘莉王

まさしく闘将!その対人能力とリーダーシップで日本を救ってきたディフェンダー「田中マルクス闘莉王」選手です。

 

元々、ブラジルからの留学生の日系ブラジル人で日本に帰化してくれました。

 

まるでラモス瑠偉選手を彷彿とするようなリーダーシップで2010年南アフリカワールドカップでは日本代表をベスト16へ導きました。

 

クラブではその空中戦の強さと決定力からフォワードとして配置されることもあるくらいチームを救える選手でした。

 


【サッカー日本代表】史上最強のCBペア 闘莉王&中澤佑二 ゴール & 名シーン集 Tulio&Yuji Nakazawa Goals in Japan Football

 

 

大和魂

大和魂

 

 

9.秋田 豊(あきた ゆたか)

1998カルビーJリーグチップス■レギュラーカード■017/秋田豊/鹿島

90年代のJリーグ創生期に、鹿島アントラーズの黄金時代をさせたセンターバック「秋田豊」選手。

 

抜群のフィジカルを誇り、ゴール前での強さは群を抜いていました。

 

日本代表では98年、2002年と2大会連続で日本代表として選出されましたが、2002年はベテランとしてのメンタリティーを期待されての選出でした。

 


鹿島黄金期を守備で支えた秋田豊が現役時代を振り返る。:THE LEGEND SPECIAL INTERVIEW 秋田 豊 編

 

センターバック専門講座 新・新装版

センターバック専門講座 新・新装版

  • 作者:秋田 豊
  • 発売日: 2018/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

10.松田 直樹(まつだ なおき)

2002カルビーサッカー日本代表【09松田直樹】レギュラーカード

最後にご紹介するのは、稀代のセンターバックと呼ばれている「松田直樹」選手。

 

ディフェンダーながら、ディフェンスだけでなくボールテクニックと抜群のパス精度を誇る、最後列にいると一番怖いセンターバックと言われていました。

 

日本代表として、中田浩二選手と宮本選手とともに2002年の日韓ワールドカップでは日本を初のベスト16へ導きました。

 


Tribute to Naoki Matsuda 松田 直樹 3 The Last Samurai

 

闘争人―松田直樹物語 (SAN-EI MOOK)

闘争人―松田直樹物語 (SAN-EI MOOK)

  • 作者:二宮 寿朗
  • 発売日: 2009/04/30
  • メディア: ムック
 

 

最後に

今回は30代男子の私が選んだ、記憶に残るディフェンスリーダーたちを10人ご紹介しました。どの選手も思い出深いセンターバックで、活躍する姿が懐かしく思います。

 

また、明日もよろしくお願いいたします。