CHRONOMAD|クロノマド【サッカー好き現役ゲームクリエイターの趣味ブログ】

サッカーとゲームを中心にブログ、グルメ、映画など色々話す雑記ブログ

サッカー|30代男子が選んだ記憶に残る攻撃的サイドバックコンビ5選【元日本代表コンビから海外チームまで!】


▽【注目】DAZN歴3年の私が魅力について語りました▽

f:id:chrono0520:20200525233612j:plain

 

ディフェンシブなポジションながら、攻撃の要にもなるポジション『サイドバック』。強いチームにはこの『サイドバック』の両翼に優秀なコンビが存在しています。そこで今回は、30代男子の私の中で記憶に残っているサイドバックのコンビをご紹介したいと思います。

 

サッカー|30代男子が選んだ記憶に残る攻撃的サイドバックコンビ5選【元日本代表コンビから海外チームまで!】

 

こちらの記事もおすすめ

 

①ロベルト・カルロス&カフー|ブラジル代表

WCCF FOOTISTA 【FOOTISTA 変換済み】 【06-07 LE】ロベルト・カルロス

WCCF 02-03白黒カード 243 カフー

 

歴代ブラジル代表の中でも史上最強と言われている超攻撃的サイドバックコンビ『ロベルト・カルロス』選手と『カフー』選手。制覇した2002年日韓ワールドカップでもこの二人がブラジルの分厚い攻撃を演出しました。サイドバックはまずは守備という概念をぶち壊した二人と言ってよいと思います。

 


「中国 0×4 ブラジル」2002年W杯ハイライト

 

②アラバ&フィリップ・ラーム|バイエルンミュンヘン

【パニーニフットボールリーグ】 R デイビッド・アラバ PFL03 092/145 【PANINI FOOTBALL LEAGUE】

14-15/OE/SOC 14フィリップ・ラーム

 

グアルディオラ監督のもと、偽サイドバックという役割を作り、最強チームを支えた両サイドバックの『アラバ』選手と『フィリップ・ラーム』選手。新しいサッカーの可能性を見出した司令塔型サイドバックにより、30代の私の中でとても印象深く覚えています。

 


偽CF,偽WG,偽SB カオスと秩序の両立 マンチェスターシティvsバイエルン 2013/14

 

ペップの狂気 妥協なき理想主義が生むフットボールの究極形

ペップの狂気 妥協なき理想主義が生むフットボールの究極形

 

 

③相馬直樹&名良橋晃|鹿島アントラーズ、日本代表

1997カルビーJリーグチップス■レギュラーカード■006/相馬直樹/鹿島

サッカーカード イレブンスターズ ELEVEN STARS 浦和レッズ 名良橋晃

 

日本を代表する攻撃的サイドバックコンビ『相馬直樹』選手と『名良橋晃』選手。鹿島アントラーズの第一次黄金期をその攻撃力で支え、日本を初のワールドカップで導きました。日本のサイドバックと言えば、2000年に入るまではこの二人のイメージがとても強かったと思います。

 


鹿島の2番を背負った男!名良橋 晃が現役時代を振り返る。:THE LEGEND SPECIAL INTERVIEW 名良橋 晃編

 


相馬直樹のワールドクラスのセンターリングに中山雅史が尻もちをつく 強豪ブラジル戦 アンブロカップ 1995

 

④長友佑都&内田篤人|日本代表

【パニーニ フットボールリーグ】 長友佑都 DF 《F.C. インテル》(ST) 《Panini Football League》pfl01-027パニーニフットボールリーグ 未登録品

内田 篤人 日本代表 ST パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 02 pfl06-118

 

日本代表もここまで来たか!と個人的に感動した両サイドバック『長友佑都』選手と『内田篤人』選手。世界最高峰のヨーロッパチャンピオンズリーグに出場するような強豪インテル、シャルケのスタメンサイドバックという豪華な顔ぶれ。ほんの20年前に同じような所属先を漫画の中で書いたらバカにされるような豪華さです。

とくに、2013年のコンフェデレーションズカップは長友選手の果敢な攻め上がりとそれに対してバランスをうまく取るようにポジショニングする内田篤人選手の関係がとても素晴らしく、あの瞬間の日本代表は歴代で1番強いチームだったと思っています。

 


【夢見たあの日】日本代表 イタリアとの大善戦に世界中が熱狂 コンフェデレーションズカップ2013

↑日本が最強だった試合はこれ。

 

上昇思考幸せを感じるために大切なこと

上昇思考幸せを感じるために大切なこと

  • 作者:長友 佑都
  • 発売日: 2012/05/25
  • メディア: 単行本
 
内田篤人 悲痛と希望の3144日

内田篤人 悲痛と希望の3144日

  • 作者:了戒 美子
  • 発売日: 2019/03/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 ⑤ロバートソン&アレクサンダー・アーノルド|リヴァプールFC

WCCF【17-18 / 023】アンドリュー・ロバートソン

WCCF【17-18 / 018】トレント・アレクサンダー=アーノルド

 

現代のサッカー最高の攻撃的サイドバックコンビがこの二人『ロバートソン』選手と『アレクサンダー・アーノルド』選手。この二人はスピードやスタミナだけでなく、クロスなどの精度がめちゃくちゃ高いこと!最近の好調リヴァプールFCで多くのアシストを二人で決めています。今、最高に最強のサイドバックコンビと言えると思います。

 


リバプールが誇る両サイドバックの全アシスト集! ロバートソン、T.A.アーノルド

 

 

最後に

今回は、30代の男子である私が記憶の中で残っている攻撃的なサイドバックコンビを5組ご紹介させていただきました。どのコンビも私の中で記憶がとても濃く、すごいなあという気持ちで見ていました。

 

本日もここまでお読みいただき、ありがとうございました。

また、明日もよろしくお願いいたします。

 

 

DAZN歴3年の私が魅力について語りました

www.chrono-blog.com