CHRONOMAD|クロノマド【サッカー好き現役ゲームクリエイターの趣味ブログ】

サッカーとゲームを中心にブログ、グルメ、映画など色々話す雑記ブログ

マジョルカ久保建英、24日に運命の『レアルマドリード』戦へ!


▽【注目】DAZN歴3年の私が魅力について語りました▽

f:id:chrono0520:20200622022836j:plain

 

来たる6月24日(水)、マジョルカに所属する久保建英選手にとって一番大切な相手との試合。それは『レアル・マドリード』。所属元であるクラブとの戦いということで、実力を存分にアピールするチャンスになります。契約上、出場ができないことはないので、おそらく次回はスタメンでの出場が期待される久保選手。どのような活躍が見れるのか、今回の対戦に向けた話をしたいと思います。

 

マジョルカ久保建英、24日に運命の『レアルマドリード』戦へ!

 

 

久保選手の所属元のレアル・マドリードは最強クラブ

THE REAL MADRID WAY レアル・マドリードの流儀

 

まずは、久保選手の所属する『レアル・マドリード』について、話をしていきましょう。

 

レアル・マドリードは1902年、全身クラブとされる『マドリード・フットボール・クラブ』が創設されて誕生。1905年にはスペインリーグのカップ戦であるコパ・デル・レイを初制覇し、1908年まで4連覇を達成。すでに最強クラブとしての頭角を現し初めていました。

 

1920年、名称を現在の『レアル・マドリード』に変更し、ロゴも現在のものに挿し代わりました。レアルとは、スペイン語で『王朝』などの意味をさし、いわゆる『キング』であることを示す言葉。常に優勝を狙うクラブとして動き出した瞬間と言えるでしょう。

 

そして、1943年に現在のスタジアム名ともなっている『サンティアゴ・ベルナベウ』氏が会長に就任。チームは黄金期へと向かっていきました。1978年に死去するまで、名選手のディ・スティファノ選手やプスカシュ選手などを擁したチームは数多くのタイトルを獲得しました。

 

その後も特に低迷期というものは存在せず、常にリーグ優勝や欧州カップ戦で結果を残していき、2000年には現在も会長を勤める『フロレンティーノ・ペレス』会長の時代が訪れます。今現在も語り継がれるジダンやベッカム、ロナウド など各国のスター選手を擁した『銀河系軍団』を作り上げていくのでした。

 

2006年に一度会長を退きますが、2009年に再選。クリスティアーノ・ロナウドやベンゼマを中心にスター選手を獲得していきましたが、第1次政権とは異なり、多少バランスも見て、数多くの良い選手を獲得していきました。

 

そして驚きなのは2015-2016シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで優勝を果たすと史上初の3連覇を達成!最強クラブとしての地位を今現在も継続中です。

 

レアル戦に久保選手の出場はあるのか?

BBM epoch 2019 2020 サッカー日本代表 スペシャルエディション SE 久保建英 レギュラーカード Representation

 

1000%スタメンでしょう!

 

前回の対戦では、後半14分からの途中出場となりましたが、今回は当時と異なり、中心選手として躍動しているので、スタメンであると思います。

 

前回はマジョルカが勝利し、ラ・リーガに衝撃を与えましたが、今回はどのような結果が待っているのでしょうか?

 

水曜日を楽しみにして待ちましょう!

 

明日もまた、よろしくお願いいたします。

 

こちらの記事もおすすめ

 

www.chrono-blog.com

www.chrono-blog.com

www.chrono-blog.com