CHRONOMAD|クロノマド【サッカー好き現役ゲームクリエイターの趣味ブログ】

サッカーとゲームを中心にブログ、グルメ、映画など色々話す雑記ブログ

J1タイ記録の9連勝!川崎フロンターレが止まらない!【三苫、小林2ゴール!】


▽【注目】DAZN歴3年の私が魅力について語りました▽

f:id:chrono0520:20200816222824j:plain

 

ついに川崎フロンターレがJ1リーグの記録に追いついて9連勝を達成!しかもここまでの得失点差は史上最高を記録。史上最強クラブとなりつつある川崎フロンターレのコンサドーレ札幌との第10節の試合を振り返りたい。

 

J1タイ記録の9連勝!川崎フロンターレが止まらない!【三苫、小林2ゴール!】

 

ハイライト動画


【DAZN提供】2020明治安田生命J1リーグ 第10節 川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌_20200815_Game Highlights

 

大幅入れ替えでターンオーバーして試合へ臨む

今日のスタメンはガラリとメンバーが変わり、左ウイングに旗手選手、右ウイングに宮代選手が入り、中盤には下田選手と守田選手、左サイドバックには車屋選手が入った。

宮代選手はリーグ戦初スタメンであり、ぜひとも結果が欲しいところだろう。

前半ははじめ、コンサドーレが見せ場を多く作るシーンが続く。大島選手や家長選手がいないので、ボールが落ち着くところをうまく作れていないような印象を持った。その中で徐々に旗手選手が自慢のテクニックと小柄ながら強靭なフィジカルでボールをキープし、徐々にフロンターレのペースに持っていくことに成功する。

 

車屋選手のきれいな走り込みからの劇的先制弾!

両者ともにチャンスを作りながら迎えた前半35分。ついに試合が動いた。

脇坂選手のフリーキックで放たれたボールは、流れるように走りこんでいた車屋選手にピシャリと合い、冷静にレディングシュートをゴールへ突き刺した!

 

昨シーズンから登里選手にスタメンを奪られがちだった車屋選手。ここでアピールとしても十分な1点をもぎ取ることができた。

 

そして、チームにとってこの1点が大きな意味を持っていくことになる。

 

田中碧・三苫薫を投入し、攻勢へ!

後半開始と同時に下田選手、宮代選手に変えて、昨シーズンのルーキー賞の田中碧選手、そしてここ3試合で4ゴールと大爆発の大卒ルーキー三苫薫選手を投入する。

 

すると、チームは落ち着くを取り戻し、いつものような"強すぎる"フロンターレがかをを見せ始めた。

 

ハイプレスからショートカウンター炸裂!

後半5分、今年の川崎フロンターレを象徴する前線からのハイプレスで札幌からボールを奪うと、前でフリーだった三苫選手にボールが渡る。そして、冷静にゴールへボールを放りこみ4試合連続ゴールとなった。もう、ゴールが三苫選手を呼んでいるような、入るべくして入ったゴールと言えるだろう。

 

混戦からダミアンがゴール!

こうなると今年の川崎フロンターレは止まらない。5分後の後半10分、川崎フロンターレの華麗なパスワークから飛び出したダミアン選手、これを相手キーパーに止められるもクリアされたボールが相手ディフェンダーにあたり、再びダミアン選手の元へ戻ってくるという超絶ラッキー展開に。

 

このボールをきちんとゴールへ沈め。これで川崎フロンターレは3点目を奪取。こうなると今年のフロンターレは止まらない

 

 

旗手の技ありキープ&パス、そして三苫のスーパーシュート

続いて後半18分、右サイドでボールを受けた旗手選手が相手に取られない華麗なキープを披露してサイドを駆け上がると、マイナス方向にいた三苫選手へグラウンダークロス。このボールを絶対に取れないところへシュートを蹴りこむ三苫選手。

 

この二人、本当に今年の大卒ルーキーなのか?落ち着きすぎちゃうんか?と思うほどに素晴らしいゴール!めちゃくちゃ興奮した!

 

その後は小林悠ショー!フロンターレ歴代得点記録更新!

後半19分、脇坂選手に代わり、エース小林悠選手を投入。すると後半42分、後半ロスタイムにきちんと2点を奪取し、今シーズン最多の6得点でチームの完勝に貢献した。

 

そして、小林悠選手はこの試合のゴールで元川崎フロンターレのジュニーニョ選手のクラブ得点記録を更新。川崎フロンターレ史上もっともゴールを決めた選手となった!

 

チームもJ1記録に並ぶ9連勝。次回は苦手なセレッソ大阪との一戦。この試合を勝って、J1新記録となる10連勝をぜひとも飾ってほしい!