CHRONOMAD|クロノマド【サッカー好きゲームクリエイターのブログ】

サッカー(主に川崎フロンターレ)や仕事でもあるゲーム関係の話を中心にブログ、映画など色々話す雑記ブログです。

サッカー日本代表の新コンビ「遠藤航&守田英正」が凄すぎる!ボランチは『強度』の時代へ!【動画あり】





ブログランキング参加中!
☆おかげ様で川崎フロンターレでTOP10入り☆
応援して下さる方はぜひクリックを!
ブログを書く励みになります!


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ ︎にほんブログ村 サッカーブログへ

f:id:chrono0520:20210326180225j:plain

 

遠藤航選手と守田英正選手が凄すぎる!サッカー日本代表で新しいボランチコンビとして組んだ遠藤航選手と守田英正選手。この二人が韓国代表に何もさせませんでした。日本代表では長く司令塔タイプを片方置いて、守備に重きを置いたタイプをコンビで組ませることをしてきましたが、その必要がないと思えるくらい良いコンビだったので、今回は2人についてとなぜすごいのかを解説していきたいと思います!

 

サッカー日本代表の新コンビ「遠藤航&守田英正」が凄すぎる!ボランチは『強度』の時代へ!【動画あり】

 

ドイツ1部でも際立つ球際の強さ!成長著しい「遠藤航」

f:id:chrono0520:20210328144854j:plain

遠藤航選手公式ツイッターより画像引用

 

成長著しい遠藤航選手。年齢は28歳となりましたが、海外移籍してから成長を続けています。特にドイツの名門Vfbシュトゥッドガルドへ移籍してからは著しい成長を遂げており、ドイツで1位2位を争う球際の強さを記録しています。

 

 

その実力は先日の日本代表の韓国戦でも遺憾なく発揮されていました。正しく試合を通して韓国代表のチャンスを何度も防ぎ、日本代表になくてはならない存在であることを証明していましたね。

 

2018年のW杯の悔しさをバネに20代後半という年齢でここまで成長するとは思いませんでした。すごいメンタリティーだと思います!

 

昨年は日本一のアンカー!ポルトガルでも大活躍の「守田英正」

f:id:chrono0520:20210328145538j:plain

守田英正選手公式ツイッターより画像引用

 

 大卒1年目で日本代表へ初選出されたスーパールーキー。2年目には所属の川崎フロンターレでスタメン落ちを経験する苦い経験をしました。3年目となった2020シーズンは序盤こそスタメンではありませんでしたが、途中からアンカーのスタメンに定着。初のJリーグベストイレブンにも選ばれました。

 

そして、2021年にポルトガル1部のサンタ・クララへ完全移籍。川崎フロンターレ仕込みのテクニックも併せ持ちながら強度の高い守備を持っているということで既にチームの中心選手となっています。守田選手が出場し始めてからチームも好調で現在7位。優勝を狙うことは難しいですが、良い順位をキープしています。

 

 

「遠藤&守田」は新しい日本代表のボランチの形

日本代表のダブルボランチは長らく「司令塔タイプ」と「バランスタイプ」で構成されていました。その理由はボランチのポジションはプレッシャーが少ないために試合を組み立てることに長けた選手を配置することが多かったからです。

 

しかし、昨今のサッカーでは前線からのプレッシャーが強くなっているため、ボランチだからプレッシャーが少ない、ということはなくなってきているんですよね。そのためにあまりボランチだから司令塔タイプを配置する、という訳ではないようになっています。

 

なので元々のボランチの選手に求められていた『守備の強度』に注目されています。その上でプレスでもボールを奪われないテクニックが必要になっています。

 

この能力が高いのが韓国戦でダブルボランチを組んだ遠藤航選手と守田英正選手です。

二人とも守備の強度が高いながら、ボールテクニックも合わせ持っているので現代型ボランチと言えるでしょう。

 

こないだの韓国戦ではこの二人が韓国の攻撃をシャットアウト。1試合を通じて日本のシュート本数の3分の1程度の6本に抑えるなどチームに大きく貢献しました。

 

これから日本代表を支える存在として2人に大きく期待したいです!

 

 

最新サッカーマンガ!『LINKMAN』 1巻