CHRONOMAD|クロノマド【サッカー好きゲームクリエイターのブログ】

サッカー(主に川崎フロンターレ)やゲーム関係の話を中心に情報満載の趣味ブログです。毎日ブログ更新を1年以上継続中!

世紀のガチ対決!U24日本代表VS日本A代表の試合はA代表の勝利!橋本・鎌田・浅野がゴール!【川崎の選手についての選評あり】





ブログランキング参加中!
☆おかげ様で川崎フロンターレでTOP10入り☆
応援して下さる方はぜひクリックを!
ブログを書く励みになります!


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ ︎にほんブログ村 サッカーブログへ

f:id:chrono0520:20210603173040j:plain

日本代表ツイッター特設サイトから画像引用

 

サッカー日本A代表とサッカーU24日本代表が札幌の地でガチンコ勝負!史上初となる日本代表対決の行方はどうなる?!最後に川崎フロンターレの出場選手に関してもコメントしています!

 

世紀のガチ対決!U24日本代表VS日本A代表の試合はA代表の勝利!橋本・鎌田・浅野がゴール!【川崎の選手についての選評あり】

 

メンバー表

日本A代表

スタメン

シュミット ダニエル

植田 直通

谷口 彰悟

室屋 成

長友 佑都

守田 英正

橋本 拳人

原口 元気

鎌田大地

南野拓実

大迫勇也

 

サブ

川島永嗣

権田修一

中村航輔

昌子源

小川諒也

佐々木翔

中谷進之介

山根視来

古橋亨梧

伊東純也

坂元達裕

川辺駿

浅野拓磨

 

U24日本代表

スタメン

大迫敬介

菅原由勢

町田浩樹

旗手怜央

橋岡大樹

中山雄太

板倉滉

三好康児

久保建英

遠藤渓太

田川亨介

 

サブ

沖悠哉

谷晃生

鈴木彩艶

古賀太陽

冨安健洋

酒井宏樹

吉田麻也

遠藤航

三笘薫

堂安律

相馬勇紀

田中碧

林大地

前田大然

上田綺世

 

久保が先発!対するA代表は南野・大迫・鎌田などフルメンバー!

U24日本代表はこの試合のスタメンにオーバーエイジで招集した吉田選手、酒井選手、遠藤選手はメンバーに含めず、おそらくU24のメンバーを試す布陣で試合に望みました。

 

試合はいきなり動きます。前半2分、鎌田選手のコーナーキックからドフリーになっていた橋本選手が合わせて先制ゴール!A代表がU24を相手に先制点を決めました!

 

 

U24はかなりの選手たちが本職ではないポジションでのプレイをしていて、少し安定感がありませんでしたね。特にディフェンスラインの連携がかなり悪かったように思います。

 

まあ、これは急遽決まった試合にU24のメンバーが駆り出された形だったのでコンディション調整不足も否めなかったな・・・と思っています。

 

しかし、そんなU24日本代表の中で久保建英選手は上手くボールをキープしたり、パスをちらしたりと奮闘していましたね。とはいえ、ゴールにつながるようなシーンは作れていなかったのでアピールとしてはあと一歩といったところでした。

 

徐々にペースを掴んでいったU24日本代表でしたが、決めてに欠く展開になっていきます。すると前半38分、鎌田選手の技ありフェイントからゴールを決められて、ついに2失点目となってしまいました。

 

 

前半はそのまま終了すると後半は両チーム選手を多く交代し、テストを継続させていきます。すると、後半7分、後半はじめから出場していた浅野選手が自慢の快足を使ったプレイでゴールし、ついに3点差。

 

 

U24日本代表としては力の差を見せつけられるような展開になったな〜っと点数だけだと見えますが、明らかにコンディション不足+慣れないポジションでうまくプレイできていなかった選手が多かったですね。

 

その後も何回か見せ場はありましたが、ゴールは生まれずに試合終了となりました。

 

 

 

川崎フロンターレの選手に関しては、まず三笘選手は出場がありませんでした。山根選手は最後の方に出場しましたが、あまり時間もなく特にコメントもありません。

 

一番良かったのはA代表の方でプレイしていた谷口彰悟選手。無失点に抑えながら、後方のビルドアップもうまくこなし、安定していましたね。

 

逆に評価が厳しくなるのはU24代表で出場した旗手選手。川崎フロンターレでプレイしたことのある左サイドバックで起用されていましたが、正直に代表ではこのポジションをしないほうが良さそうです。

 

とはいえ、ユーティリティ性があるとU24代表に残りやすくなる事実はあるので、本当は攻撃面でなにか結果を残したかったですね・・・。この試合、あまり攻撃面で目立ったことをやれていなかったので実に残念です。

 

最後に評価するのは田中碧選手。後半はじめからの出場でしたが、割といい感じに試合には入れてたと思います。途中、遠藤航選手が入ってからはより攻撃的なポジションを取れていて、生き生きしていましたね。

 

今シーズン、川崎フロンターレでも大島選手の代わりに少し低めからチームにリズムを当てるポジションでプレイすることも多かったのですが、田中碧選手はもっとガンガン前線に顔を出せるボランチのほうが似合っていますね。評価としてはトータルで上々だったのではないでしょうか。

 

あと東京オリンピックまで50日となりました。実際にどのような開催方法になるのか、まだ決まっていませんが、今回の日本代表のメンバーたちの実力は過去最大級と思っているので、ぜひともメダルを取ってきてほしいです!

 

 

最新戦術を監督で確認しよう!「フットボール新世代名将図鑑」