CHRONOMAD|クロノマド【サッカー好きゲームクリエイターのブログ】

サッカー(主に川崎フロンターレ)やゲーム関係の話を中心に情報満載の趣味ブログです。毎日ブログ更新を1年以上継続中!

U24日本代表がオプションで三笘システム?「4-3-3」を導入へ!【川崎フロンターレの強みを生かす?】



一番読んでほしい王道サッカー漫画

「BE BLUES!~青になれ~」




ブログランキング参加中!
☆おかげ様で川崎フロンターレでTOP10入り☆
応援して下さる方はぜひクリックを!
ブログを書く励みになります!


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ ︎にほんブログ村 サッカーブログへ

f:id:chrono0520:20210610200034j:plain

サッカーダイジェスト公式ツイッターより画像引用

 

先日のU24日本代表の練習でテストされたフォーメーションシステム「4-3-3」。これがJリーグを凄まじい強さで独走する川崎フロンターレを模したもの、というわけではないと思うがこのシステム変更で川崎フロンターレの選手が1枚、2枚上の段階へレベルを押し上げられるかもしれない。

 

U24日本代表がオプションで三笘システム?「4-3-3」を導入へ!【川崎フロンターレの強みを生かす?】

 

攻撃的なオプションとしての「4-3-3」

今回、新たなチームのオプションとしてテストされた「4-3-3」はより攻撃的を活性化させる場面での使用を検討されている。

 

中盤の中央にあるアンカーポジションへ遠藤航選手が入り、一つ前のインサイドハーフで田中碧選手や久保建英選手を使用するなども考えられる。

 

なんにぜよ、川崎フロンターレのメンバーである田中碧選手、三笘薫選手、旗手怜央選手にとって朗報以外の何物でもない。別に4-2-3-1でプレイができないというわけではないのだか、今クラブチームで結果を出せているフォーメーションを代表でもできるというのは大きい。

 

このシステム変更で三笘薫選手はよりワイドにポジションを取れるようになりながら、インサイドハーフの選手との距離感は近くすることができ、より敵陣のファールをしてはいけないところでボールをたくさん持つことができるようになると思っています。

 

そして、オリンピックでのサイドバック起用を考えられている旗手選手としても、より攻撃的に行ける4-3-3はありがたいフォーメーションと言えるでしょう。

 

川崎フロンターレでいう右サイドの家長選手のポジションに堂安選手か久保選手が入るイメージでしょうか。最初は連携面で慣れないかもしれませんが、ハマったら日本人に一番合うフォーメーションだと思うので本当に楽しみです。

 

ジャマイカ戦が今から楽しみですね!

 

 

2022春アニメ化が決定!

新観点のサッカー漫画

『アオアシ』