DELPINOTE

「今知りたい」を記録する

「SPY×FAMILY」と「鬼滅の刃」はどちらが面白い?|30代ゲーム開発者のアニメ好きおじさんが分析してみた

▼ ブログランキング参加中 ▼


にほんブログ村 IT技術ブログ ゲーム開発へ にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ 

【MISSION:3】受験対策をせよ

 

話題の新作アニメ「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」。果たして、同じ集英社の人気漫画「鬼滅の刃」よりも面白いのか?ファンが必ず突き当たる問題に対しておじさんが分析しました!

 

「SPY×FAMILY」と「鬼滅の刃」はどちらが面白い?|30代ゲーム開発者のアニメ好きおじさんが分析してみた

 

 

鬼滅に続け!2022春アニメの話題作!

2022年春アニメの中で一番期待されている作品「SPY×FAMILIY(スパイファミリー)」。最近の中で一番ヒットしたジャンプ作品「鬼滅の刃」に続く作品になるのでは?と世間では期待されています。

 

果たして「SPY×FAMILY」は「鬼滅の刃」を凌ぐ作品なのでしょうか。面白いのでしょうか。30代のアニメ好きおじさんの視点では次のように考えています。

 

「鬼滅の刃」と「SPY×FAMILY」はジャンルが違う

おそらく、多くの方が今回のブログ表題のようなことを考える方がいると思いますが、大前提として「鬼滅の刃」と「SPY×FAMILY」はジャンルが違うということを知っておいてほしいです。

 

「鬼滅の刃」はストーリー重視のバトルマンガに当たりますが、「SPY×FAMILY」は公式にもあるようにギャグ重視のホームコメディ漫画です。

 

30代以上の人にわかりやすく言うと、「ドラゴンボール」と「すごいよ!マサルさん」くらいジャンルが違います。そのため、単純にどちらが面白い!とは言えないと思っています。

 

そのため、2つの作品を以下の3つの視点から評価をしていきたいと思っています。

(1)新規性

(2)大衆受け

(3)漫画の質

 

(1)新規性

「鬼滅の刃」と「SPY×FAMILY」に関して、最初の評価基準は作品の「新規性」について考えていきたいと思います。結論としては「SPY×FAMILY」の方が上です。

 

「鬼滅の刃」には新規性は殆どありません。「主人公が復讐に生きる」「家族愛」「鬼(敵)の葛藤」等、見どころはありますが他の作品でも良く見かけるものです。

 

対して「SPY×FAMILY」は「家族」をメインとした漫画で「スパイ」「殺し屋」「エスパー」が家族となり、疑似家族をやっていくという作品は映画とかでは近いものがあるかもしれませんが、ジャンプを始めとする漫画作品としてはだいぶ斬新だったなと思います。

 

ということで人によって意見はあるかもしれませんが、個人的には「SPY×FAMILY」の方が新規性が上としました。

 

(2)大衆受け

「鬼滅の刃」と「SPY×FAMILY」に関して、次の評価基準は作品の「大衆受け」について考えていきたいと思います。結論としては「鬼滅の刃」の方が上です。

 

「鬼滅の刃」は「(1)新規性」において他の作品でよく見かけるものと言いましたが、逆を言うとポイントをしっかりと抑えているということがあります。なので間違いなく面白いんですよね!

 

そして、若い世代にとってはよくあるものという認識ではなく、新鮮に映ることが多いので、今回のような大ヒットにつながったのだと思っています。また、魅力的なキャラが多いのもファンが増えるきっかけとなり、大衆受けにつながっているように思います。

 

対して「SPY×FAMILY」はギャグメインなのでキャラ一人一人の深堀りをそこまではしません。メインの家族3人のみって感じですよね。そうするとストーリー漫画に比べると熱量が少なくなりますし、キャラへの熱狂度という面では劣ってしまいます。

 

そのため、大衆受けという面では「鬼滅の刃」のほうが上だと思います。

 

(3)漫画の質

最後の評価基準は「漫画の質」。結論としては「SPY×FAMILY」の方が上です。

まず、単純に「SPY×FAMILY」のほうが漫画として上手いです。ここは漫画家としての経験の差だと思います。話のテンポ・わかりやすさが抜群に高いです。

 

そして、娘のアーニャが人の心が読める「超能力者」ということでそのアーニャを通して各キャラの心の声を聞けることで内容がわかりやすく、アーニャの可愛い反応も楽しめてという新鮮な楽しさがあります。

 

対して「鬼滅の刃」は色々と消化不良の場面が多いです。漫画好きからすると申し訳ないですが物足りなさが残ることも多いです。批判覚悟で書きますが、

・炭治郎の任務数が少ない

・思い入れができる前にキャラが死ぬ

という感じです。多くの人は絶賛していますが、煉獄さんは死ぬのはえーなと思いました。そして、初任務の人なのに炭治郎とか泣きすぎじゃね・・・?と思いました。アニメ的には1話前に妹のことを敵視してたやつだぞ?と。

 

何個か一緒に任務を担って、その中で信頼関係を作ってからじゃないと感情移入はできません。映画には本当落胆しました。めちゃくちゃ売れましたが、雰囲気に流されているだけの人が多かったと思います。

 

結論

今回は「SPY×FAMILY」と「鬼滅の刃」がどちらが面白いのか?ということで

(1)新規性

(2)大衆受け

(3)漫画の質

の観点からどちらが楽しいかを分析してきました。

 

結論としては2対1で「SPY×FAMILY」の勝利です!

これはあくまで個人的な見解なので、ぜひともこの記事をもとにみなさんも考察していただけたら嬉しいです!

 

【MISSION:1】オペレーション〈梟(ストリクス)〉