CHRONOMAD|クロノマド【サッカー好き現役ゲームクリエイターの趣味ブログ】

サッカーとゲームを中心にブログ、グルメ、映画など色々話す雑記ブログ

川崎フロンターレ足踏み!?優勝決定は22日のガンバ戦次第に持ち越し!【J1リーグ第28節】


▽【注目】DAZN歴3年の私が魅力について語りました▽

f:id:chrono0520:20200730000236j:plain

 

J1リーグ第28節、川崎フロンターレと大分トリニータの一戦が大分トリニータのホームで行われました。川崎フロンターレが勝利すれば、この試合で優勝が決まる大きな一戦。しかし、試合は思わる展開になっていきました。そんな大波乱となった一戦について解説していきます。

 

 

川崎フロンターレ足踏み!?優勝決定は22日のガンバ戦次第に持ち越し!【J1リーグ第28節】

 

ハイライト動画

 

試合解説

優勝が懸かった大事な試合。川崎フロンターレは中村憲剛選手と大島僚太選手というゲームメイカーを同時にスタメン起用します。前半からイニシアチブを握っていこうという気持ちが表れていまいた。

 

しかし、試合は思わぬ方向へ。大分トリニータの的確なポジショニングでの守備により、積極川崎フロンターレはなかなかボール支配率を上げることができない展開が続きます。

 

そして前半37分に衝撃な出来事が川崎フロンターレを窮地に追い込みます。大分トリニータFWを倒して、決定的な得点機会を阻止したとしてキャプテン谷口彰吾選手にレッドカードが掲示されました。

 

この試合、川崎フロンターレは本職のセンターバックの選手をベンチに置いておらず、急遽アンカーの位置を守っていた守田選手がセンターバックに入ってプレイすることに。

 

前半はボール支配率36%、シュートは大分トリニータが10本なのに対し、川崎フロンターレは3本とかなり攻め込まれていたことがわかります。

 

後半開始、攻勢に出るためと守備陣のバランスをとるために中村憲剛選手と長谷川竜也選手に代えて、三苫薫選手と田中碧選手が投入されました。

 

その後、後半13分には小林悠選手に代えて旗手怜央選手。31分には斎藤学選手に代えて脇坂泰斗選手を投入し、徐々に川崎フロンターレペースに試合を持っていきます。

 

最後は後半34分に山根視来選手に代えてレアンドロ・ダミアン選手を投入。勝負に出てチャンスはできますがゴールは奪えず、試合は終了。

 

残念ながら、この試合での優勝決定とはなりませんでした。明日22日に行われるガンバ大阪の試合が引き分けまたは敗北ならば川崎フロンターレの優勝が決まるということになりました。

 

ただ、明日に決まらずとも次節2位ガンバ大阪との等々力競技場での決戦で決まってもJ1リーグ史上最速優勝です!日本サッカーの歴史に川崎フロンターレの名を早く刻みたいです!

 

そして、引退発表をした中村憲剛選手のラストイヤーでもあります。最後まで憲剛選手の勇姿を目に焼き付けたいです。

 

ファイト!フロンターレ!

 

 

FIFA 21 - PS4

 

 

▼中村憲剛選手の試合を観るならDAZN▼