クロノブログ:漫画とサッカーとグルメと呪われし贅肉

とあるゲームクリエイターです。漫画とサッカーとグルメを中心に、他にも役立つ情報や世の中のことについて発信します。呪われし贅肉もいつかどうにかしたいと思っています。

ついにJリーグが開幕!4冠&J三連覇のカギは”新戦力の融合”、最後に2019Jリーグ順位予想!|週刊川崎フロンターレ通信




スポンサーリンク

f:id:chrono0520:20190218085716p:image

今週は、ついに開幕が週末に迫ったJリーグについて語ります!

 

ACL、天皇杯、ルヴァン…そしてJリーグ三連覇のカギ

すでに一冠を手に入れた我がフロンターレですが、残りの大会の優勝のカギは、ズバリ

新戦力の融合

です。特に、レアンドロダミアン選手やマギーニョ選手、馬渡選手あたりは即戦力として考えられているので、早い順応が期待されています。

先週に行われたゼロックススーパーカップでは、レアンドロダミアン選手の素晴らしいゴールがありました。前線からの守備も怠らず、期待通り、いや期待以上によい選手でしたね!

最後はスタミナ切れで交代となりましたが、勤勉なところなど川崎フロンターレにとって、とても大きな存在になってくれると思います。

そして、同じくブラジルからきたマギーニョ選手も上手い具合に順応しているように見えました。

まだ、シーズン前で相手だった浦和も本調子ではなかったと思いますので、安易に喜ぶのは危険かもしれませんが、よい雰囲気と言えるでしょう。

 

ザ・バスコレクション バスコレ 東急バス × 川崎フロンターレ ラッピングバス ジオラマ用品 (メーカー初回受注限定生産)

 

シーズン初めの順応時間がかかるフロンターレはもういない?

ゼロックススーパーカップを見る限り、例年の川崎フロンターレのようなシーズン序盤につまづきそうな予感は小さく感じました。

まずは、ACLの予選突破!これは必ずクリアしてほしい課題です。

 

川崎フロンターレの黄金時代へ

ゼロックススーパーカップではギリギリのオフサイドにより2点を失いました。

この2点分の差を埋められれば、川崎フロンターレの黄金時代の到来は確実だと思います。フロンターレに叶うチームは無くなるでしょう。

ぜひ、ユニフォームに3つ目の星を加えて欲しいです!

 

クロノの2019年J1リーグ予想

順位予想

1位 川崎フロンターレ

2位 名古屋グランパスエイト

3位 鹿島アントラーズ

—ACL圏内

4位 清水エスパルス

5位 FC東京

6位 ガンバ大阪

7位 ヴィッセル神戸

8位 湘南ベルマーレ

9位 サンフレッチェ広島

10位 ジュビロ磐田

11位 浦和レッズ

12位 コンサドーレ札幌

13位 サガン鳥栖

14位 ベガルタ仙台

15位 松本山雅FC

—降格プレーオフ圏内

16位 セレッソ大阪

— 降格圏内

17位 横浜F・マリノス

18位 大分トリニータ

 

平畠啓史 Jリーグ54クラブ巡礼 - ひらちゃん流Jリーグの楽しみ方 - (ヨシモトブックス)

 

躍進予想は名古屋と清水!ツネ様効果のガンバも上位予想

まず、今シーズン躍進を遂げるのは名古屋グランパスでしょう。トップスコアラーのジョー選手を擁する攻撃力は健在。課題の昨シーズン最多失点だった守備は、広島から元日本代表のDF千葉選手、FC東京から守備力に提供がある元日本代表のMF米本選手を補強するなど的確な補強が目立ちました。

この調子で守備さえ整えば、上位進出も夢ではないでしょう。

 

もう一つ、躍進するクラブとしてあげたいのは清水エスパルスです。昨シーズンに13得点決めて、日本代表にも選ばれた22歳のFW北川選手や10得点を記録した23歳のFW金子選手、さらに20歳の長身CBながらサイドバックとして活躍したDF立田選手、そしてマンCに誘われたなど当時話題になったまだ24歳のMF石毛選手など、生きのよい若い選手が多い印象のチームは昨シーズンに川崎に次ぐ得点力を発揮しました。

サイドバックに川崎フロンターレからエウシーニョ選手が加入したり、さらなる攻撃力の増加が期待されます。

最後は昨シーズン末に復活を遂げたガンバ大阪が躍進すると考えています。

 

プレーオフ予想はセレッソ、意外な降格予想は名門のマリノス

セレッソ大阪はFW都倉選手や元日本代表のMF藤田選手など、的確な補強をしているように見えるのですが、チームの大黒柱だったMF山口蛍選手とFW杉本選手、そして背の高いオプションとして活躍したMF山村選手など中心選手がごっそり抜けた影響は計り知れないと思います。

また、何かチームに内紛?があったようにも感じたので、一度崩れたらそのまま今シーズンはいきそうな感じがしてプレーオフ圏内と予想しました。

そして、次に降格と予想したのは名門でまた降格がない横浜F・マリノスです。

昨シーズン、得点は清水と並んでリーグ2位だったのですが、チームトップの13点を取ったエースのウーゴ・ヴィエイラ選手の移籍やサイドバックで活躍した山中選手の移籍があり、大きな穴が空きました。

そして、なんと言っても大ベテランでチームを支えていた中澤選手の引退がチームに与える影響は盛りしれないと思います。昨シーズン、失点はリーグワースト2位と課題が残る上で、チームはどう乗り越えられるのか。失点はそのまま、得点が減ることがあれば、私が予想したように降格が見えてくるでしょう。

 

最後に

今週はJリーグ開幕を記念し、川崎フロンターレとJリーグの順位について予想させていただきました。

予想はしましたが、毎度波乱があるのがJリーグ!

開幕を楽しみに待ちましょう!

 

J1&J2&J3選手名鑑 2019 (NSK MOOK)

J1&J2&J3選手名鑑 2019 (NSK MOOK)

 
Jリーグ選手名鑑2019 J1・J2・J3  ハンディ版 (エルゴラッソ特別編集)