CHRONOMAD|クロノマド【サッカー好きゲームクリエイターのブログ】

サッカー(主に川崎フロンターレ)や仕事でもあるゲーム関係の話を中心にブログ、映画など色々話す雑記ブログです。

川崎から三笘・旗手・田中碧選出!U24日本代表がメンバー発表!17歳DFも初選出?!





ブログランキング参加中!
☆おかげ様で川崎フロンターレでTOP10入り☆
応援して下さる方はぜひクリックを!
ブログを書く励みになります!


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ ︎にほんブログ村 サッカーブログへ

f:id:chrono0520:20210206140019j:plain

 

昨日に引き続き、26日と29日に行われるU24アルゼンチン代表との親善試合2連戦に向けたU24日本代表メンバーが発表されました。川崎フロンターレからは三笘薫選手、旗手怜央選手、田中碧選手が選出され、大方予想通りといったところでしょうか。そして、注目はサガン鳥栖の17歳DF「中野伸哉」選手。そこで今回は、代表メンバー発表について振り返り、フロンターレの選手がどのように使われていくのかを予想していきたいと思います。

 

川崎フロンターレから三笘・旗手・田中碧選出!U24日本代表がメンバー発表!

 

U24日本代表メンバー

GK

大迫敬介(サンフレッチェ広島)
沖悠哉(鹿島アントラーズ)
谷晃生(湘南ベルマーレ)


DF

板倉滉(フローニンゲン/オランダ)
渡辺剛(FC東京)
町田浩樹(鹿島アントラーズ)
原輝綺(清水エスパルス)
古賀太陽(柏レイソル)
瀬古歩夢(セレッソ大阪)
菅原由勢(AZ/オランダ)
中野伸哉(サガン鳥栖)


MF

中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
相馬勇紀(名古屋グランパス)
三好康児(アントワープ/ベルギー)
三笘薫(川崎フロンターレ)
田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌)
旗手怜央(川崎フロンターレ)
堂安律(ビーレフェルト/ドイツ)
田中碧(川崎フロンターレ)
渡辺皓太(横浜F・マリノス)
久保建英(ヘタフェ/スペイン)


FW

食野亮太郎(アヴェFC/ポルトガル)
田川亨介(FC東京)

 

サガン鳥栖の17歳DF『中野伸哉』が初選出!

驚きの初選出です!現在、リーグ戦で失点0のサガン鳥栖から17歳のDF「中野伸哉(なかのしんや)」選手が6歳飛び級で選出されました!

 

中野選手はサガン鳥栖の育成組織出身で17歳という年齢ながらサガン鳥栖で3バックの一角として堅守を支えていることが評価された形です。身長は173cmとセンターバックとしては小柄なのですね。メインはサイドバックのようです。

 

本当、こうやって新しい世代が選ばれることは嬉しいですね!

 

J注目の若きGKが勢ぞろい!期待のメンバーが揃う!

次に目を引いたのはゴールキーパー陣です。既にフル代表にも呼ばれた大迫選手を始め、鹿島アントラーズで正ゴールキーパーを務める沖選手、湘南ベルマーレで不動のGKとなっている谷選手とかなり若手のJ期待のゴールキーパーが軒並み選出されました!

 

いや~すごくうれしい!どの選手も良いキーパーなのは知っているので活躍がすごく楽しみです。正直、このキーパーたちや他のメンツを見て、五輪世代の方が試合楽しみですね。冨安選手もこっちだったらよかったのに・・・。

 

 

川崎フロンターレの3人の使われ方はどうなる?

さて、それでは本題の川崎フロンターレの選手たちについて語っていきたいと思います。

 

今回、川崎フロンターレからは昨シーズンに大ブレイクした「三笘薫(みとまかおる)」選手、年々評価を上げて川崎の中心選手となっている「田中碧(たなかあお)」選手、そして様々なポジションでポリバレントな活躍を見せる「旗手怜央(はたてれお)」選手が選ばれました。

 

森保監督が扱うフォーメーションは3ー4ー2-1か4-2-3-1なので、田中碧選手に関してはダブルボランチの一角に入ることは確実と言えるでしょう。旗手選手は3-4-2-1ならトップ下の2シャドー。4-2-3-1なら左サイドバック・両サイドバック、そしてトップ下当たりを任されることになると思います。

 

さて、問題なのが三笘薫選手です。三笘選手は代表戦のなかった2020シーズンに劇的な変化と飛躍を遂げました。それはワイドなサイドのポジションです。元々は中央が好きで、川崎フロンターレでサイドに張る左ウイングは挑戦だったそうです。

 

その挑戦を三笘選手は見事に完遂し、三苫選手はスピードをドリブルを武器にJリーグを席巻しました。なので、2019年頃の感覚でいると、3-4-2-1ではトップ下のシャドーとなるのですが、三苫選手の場合はぜひとも左でワイドにプレーしてほしいです。シャドーではなくウインガーですね。

 

なので、3-4-2-1の場合はぜひとも左ウイング。そして4-2-3-1の場合は左のサイドハーフをほぼウインガーとしてプレーしてほしいです。新たに作ったストロングポイントをぜひともU24日本代表という大舞台で見せてほしいです!

 

 

フォワードのためのサッカー漫画 『ブルーロック』