CHRONOMAD

30代サッカー好きゲーム開発者のブログ!サッカーは主に川崎フロンターレなどのJリーグから日本代表を始めとした海外サッカー。そして仕事のゲーム制作関係の話やガジェットの話。そして、おすすめ映画・漫画・アニメ、デブの私が好きなグルメなど好きな情報を自由にご紹介していく超雑記ブログ

Jリーグ・日本サッカーの想い出①|偉大なるサッカーの神様「ジーコ」がいた鹿島アントラーズ編【素人が語る】

こちらの記事が読まれています

▼ ブログランキング参加中 ▼


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ 


f:id:chrono0520:20210902145223j:plain

サッカーキング公式ツイッターより画像引用

 

Jリーグももう2年で30周年……すごいですね。そこで今後、少しずつJリーグや日本サッカーについて個人的な想い出を語っていけたらなと思っています。今回は最初に好きだったチーム「鹿島アントラーズ」について、お話いたします。

 

Jリーグ・日本サッカーの想い出①|偉大なるサッカーの神様「ジーコ」がいた鹿島アントラーズ編【素人が語る】

 

鹿島アントラーズを好きになった理由

Jリーグが開幕したことで日本中のサッカー熱が高まりました。そんな自分もサッカーを観始めたきっかけはJリーグでした。

 

当時はまだ小学生にも上がっていない4~5歳の頃。神奈川県の川崎市出身なので、普通ならば当時日本代表選手でチームを固めているほど最強と言われていた読売クラブを前身とした「ヴェルディ川崎」を好きになっていたはず。

 

しかし、なぜ鹿島が好きになったのか。その理由は簡単で兄がヴェルディを応援していたので、自分はジーコがいる鹿島!となった形でしたw

対抗心が先に着た形で、子供らしい考え方ですね。一緒に応援してもいいのに。

 

日本中がサッカー熱に染まり、それに子供ながらとても感化された形でした。

 

小学校1年生か2年生だかの頃、水戸の親戚の家へ泊りに行く途中に、親が鹿島サッカースタジアムに連れて行ってくれました。その日は試合がなかった日でしたがサッカースタジアムというものを始めてみたのはこの時で、とても感動したという想いだけを覚えています。

 

スタジアムではジーコと当時GKを務めていた古川昌明さんのテレフォンカードを買ってもらいました。よく公園でサッカーして遊ぶときにゴールキーパーをしていたので、その流れもあっていつも注目して見させてもらって憧れてました。そして、なぜかジーコのテレフォンカードを一回使ってしまって穴が開いてしまいました・・・バカでした・・・。

 

▽ネットから持ってきたものですが、これです!

f:id:chrono0520:20210902151051j:plain

 

テレフォンカードは今でも実家のどこかにあるような気がします。

 

世間のサッカー熱と共に興味が薄れていった

ジーコ、アルシンド、レオナルドと豪華な鹿島アントラーズの試合を観ることが好きだったのですが、次第にJリーグの地上波放送が少なくなっていきました。

 

開幕当時は夜のゴールデンタイムに放送されるくらいでしたが、徐々にその陰は隠れていき、なかなかサッカーを観ること自体が難しくなっていきました。

 

すると、世間のサッカー熱の下がり方と共に自分の興味もサッカーから野球へ少しずつシフトしていってしまいました。

 

その後もフランスワールドカップやカズ・中田の海外移籍等、テレビで追える情報は追っていましたがJリーグ開幕当時ほどの熱は持てなくなっていました。

 

そんな私が本格的にサッカーに再び目覚めたのは2002年日韓ワールドカップだったのです。

 

次回は日韓ワールドカップ編を書きたいと思います。

 

 

鹿島アントラーズFD鈴木満氏著

血を繋げる。

勝利の本質を知る、アントラーズの真髄